「遊びごころ」

 

私の好きな言葉の一つに「遊びごころ」があります。

 

仕事で「遊びごころ」をちょこっと入れたくなる

その時々で違いますが、

ワークだったり、環境やグッズだったり、資料やテキストだったりに・・・

ほんの「ちょこっと」ね

 

そうすると、プログラムを考える時から楽しくなる

「皆がどんな反応をするのかな~?」と受講生の方に意識が向く

もちろん、私の期待どおりの反応があるとは限りません

その時の私の様子を想像すると、それも笑えます(苦笑いですが)

 

「遊びごころ」は「自分らしく」にもつながっている

 

Q)あなたの中にある「遊びごころ」を活かすとしたら・・・

何をどんなふうにやりますか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

頑張りすぎているあなたへ

 

少々頑張り過ぎていませんか?

 

そんなに抱えて頑張り過ぎてると

身体が緊張し、かたくなって、呼吸も浅くなってしまいます。

もしかしたら、あなたにとっては

少し怠けるぐらいの方がちょうど良いのかもしれません。

 

少し力をぬいて深呼吸

 

時には、自然とふれあってみたり・・・

 

時には、こんな感じてお昼寝・・・

仕事の時は、昼休憩に10分でも15分でも机で伏せて目を閉じるだけでも

 

思い切ってやめてみることは何ですか?

このぐらいできていたらOKにしようとあきらめることはありませんか?

ちゃちゃっと簡単にしてしまえることは?

「私にはできません。」と辞退することはありませんか?

 

少しはずしてみる。

高い理想(基準)を下げてみる

そうすると・・・気持ちが楽になりフットワークが軽くなる。

その時、本来のあなたの力が発揮できます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

不安や恐怖がある時

 

たとえば仕事でプレゼンをすることになった

研修をすることになった

自分にとっては大役だと思われる担当、係り、委員、リーダーを任された

 

そういう時には少なからず不安や恐怖がやってくる

 

不安や恐怖は、ポジティブよりはネガティブなイメージをつい引き起こすので

苦しくなったり緊張したり

快か不快といえば不快に感じてしまう

逃げ出したくもなる

「何で自分が・・・?」「他にも出来る人いるでしょう?」

心の中でつぶやいている

 

でもね、全く違う角度からとらえると違う視点もでてくる

やってきた不安や恐怖をなかったことにするのではなく

麻痺させて感じないようにするのでもなく

やってきた不安や恐怖を「やってきたな~」と共にいてみる

それが少しでもできると、頑丈さがちょこっと自分の中に育つ

避けずに乗り越えると、もっと頑丈さが自分の中に育つ

 

すると・・・

かつて感じていたレベルの不安や恐怖は和らいでいる

自分の器がちょっとだけ大きくなっている

その時に、メンタルがタフになっているのではないでしょうか?

 

じゃあ、それでもう二度と不安や恐怖を感じなくなるかというと

そんなこともなく、また別なものはやってくる

時には逃げたりもしながら(それもまた必要なこと)

またちょこっと共にいてみる・・・頑張って乗り越える・・・

 

そのプロセスで、

自分の器がちょっとずつ、またちょっとずつ大きくなっていく

メンタルがタフになっていく

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

思い切って変えてみる

 

今日から6月

梅雨入りの発表も近いのかもしれません。

 

ジメジメだったり、雨で外出がおっくうだったり

湿度が高くて髪の毛がまとまりにくいとか(笑)

梅雨から連想するイメージから気持ちや感覚がつくられます。

 

写真のてるてるぼうずのように、(気持ち良さそうに梅雨を楽しんでいる)

がらりとイメージを切り替えるとどうでしょう!?

そこから連想するイメージが変わり

そうすると気持ちや感覚も変わってきませんか?

イメージって影響大!

意図的にイメージをきりかえてみたらどうなるでしょうか?

 

いつもブログを書く時

(あくまでも私のこれまでのやり方ではということですが)

内容を先に書いて、それから写真を決めて入れていました。

 

今日は何を書くか、なかなか思い浮かばなかったので

思い切って順番を変えてみました!!

先にピントくる写真を決めて、それから文章を書き出してみました。

これもありだなと、あらたな発見

 

仕事においても・・・

今、考えている流れがあるのですが

思い切って変えてみるのも一つかな

それにはちょっとした勇気と決断が必要です。

 

あなたは、今、思い切って変えてみたい事ありますか?

 

さあ、やるかやらないか・・・?

それはあなたの自由です。

本当はどうしたいのか自分に問いかけてみましょう。

 

 

 

せっかち君とおっとりさん

 

せっかち君とおっとりさんは誰か他の人のことではなく

自分の中にいます

 

どちらかだけの人間なのではなく、両方の自分を行ったり来たり

じっくり自分を振り返ると、確かに両方の時がある

 

せっかち君には持ち味があって

スピーディーに事が進むし行動的、決断力もあります。

しかし、せっかち君に偏りすぎると

まわりにいるおっとりさんが気になる、待てない、イライラ(笑)

自分の中のおっとりさんの存在のことを忘れてる

 

一方、おっとりさんにも持ち味があり

穏やかでじっくりゆっくり考えることができ、慎重に進めることができる

しかし、おっとりさんに偏り過ぎると

他者に迷惑をかけていることにうとくなる

物事が進みにくくなる、時間や約束にルーズになる

まわりにいるせっかち君にイラッ!!

自分の中のせっかち君の存在を忘れてる

 

両方自分なのにね(笑)

 

もし、せっかち君とおっとりさんを

自分で場面に応じて登場させることができたら・・・?

 

まずは、どちらも自分だってことを

心にとめておくことが必要かもしれませんね。👀

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

「めんどうくさい」と「おっくう」に向き合う

 

いつも軽やかにサクサクと、色々なことをこなしていけると良いのですが

そう簡単にはいきません。

 

サクサクできている時もありますが、

「めんどうくさがりちゃん」の私が顔をのぞかせると

「おっくう君」まで一緒にでてきます。(笑)

 

この4ケ月間、コーチング塾の参加者の皆さんと共に

コーチングを学ぶと同時に、自己基盤の強化に取り組みました。

「先延ばしにしていること」「やると良さそうなこと」を

スモールステップにおとして取り組み中。

 

今回はゴールデンウィークをはさんだこともあり、

間隔がいつもより1週間長いです。

しかし、期間があればそのぶんだけたくさんとりくめるかというと

そうではないことを痛感。(私の反省)

 

ここで、気持ちあらたにしきりなおしです。

残りの期間で、1つでも・・・少しでも・・・項目をあげ

意志の力で「やる!」と決めてやっていきますね。

 

めんどうくさい、おっくうなことも

それを乗り越え、通過した時にわかるもの、得るものがある

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

男性と女性のコミュニケーション

 

Q)どうして女性はあんなにおしゃべりが好きなんだろう?

ある男性からこのような質問がありました。

「どうしてうちの夫はわかってくれないのだろう?」

このような女性の声も聞きます。

 

女性と男性とはコミュニケーションのとり方が違うという説もあります。

 

もちろん、女性の中にもいろいろな人がいて

無口な人もいれば、同じ人でも無口な時も多弁な時もあります。

全てに当てはまるわけではないという前提で・・・

 

女性の場合は

コミュニケーションで感情のやり取りをしていることが多々あります

そういう時は、アドバイスをしてほしいというより

ちゃんと話を聴いてほしくて、気持ちをわかってほしくて

「大変だったね。」

「お疲れ様」

「助かっているよ。ありがとう。」

と気持ちを受け止めていってほしい

これ、私の「あるある」です(笑)

 

男性の場合は

感情のやり取りよりも、結論をみつようとする時があるかもしれません。

そういう時は「こうしたらいいんじゃない?」とアドバイスになることも・・・

 

男性の方から言わせると

「どうしてほしいか具体的に言ってもらわないとわからない」

「察してよ」では伝わらないそうです。

これ、夫の「あるある」です(笑)

 

男性は・・・こういうもの。女性は・・・こういうもの。

過剰に決めつけすぎると、それはそれでうまくいきません。

相手を理解する一つのヒントにしてアプローチにいかしましょう。

 

職場の中でもしっくりこない関係性のある時

その「しっくりこない」に向き合い

相手を理解するために、相手にどうしてほしいか聞いてみて

自分もどうしてほしいか伝えるのも一つですね。

良い関係づくりのために、向き合って話をしてみるのはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

諦めない力

 

スケートのコーチの佐藤信夫さんが書いた「諦めない力」を読んでいます。

決して多弁ではなく、コーチとしてのパフォーマンスもオーバーでなく

一見、淡々とした指導の様子の中にぶれない軸を感じます。

(これらは全くの私の個人的な印象ですが・・・)

私の中でとても大きな存在感を感じるコーチ

 

いろいろな選手を育ててきていらっしゃった中

浅田真央選手が4年前のソチオリンピックでショートプログラムを16位で

彼女にとってはあり得ない順位で終わりましたが

次のフリーで全てのジャンプを成功させ、完璧な演技で終わった出来事は

多くの人を感動させ、今も記憶に鮮明に残っています。

その時のコーチが佐藤コーチでした。

演技を終えた浅田真央選手をみつめる佐藤コーチにもカメラがズーム

その時、何とも言えない感動をおぼえました。

 

本を読んで、

実は怒ると声が大きいことがわかった他 (笑)

選手がどんな時にも(調子悪い時)相手の力を信じられているところ

1人1人の選手の今の状況をよく知って(観察)アプローチしているところ

指導は教科書どおりにいかなくて

1人1人皆違い、コーチ側も決断と挑戦の連続なんだということ

そして、選手と共に「諦めない」ことの大切さ

佐藤コーチから学ぶものがたくさんありました。

 

コーチングでクライアントの方に対しても

会社で部下やメンバーに対しても

根っこは同じだなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

エネルギーがダウンしていると感じた時

 

花粉症に風邪も入っているのか・・・?

少々エネルギーダウン状態です。

 

エネルギーが下がっていると感じた時

忙しいしからと頑張り続けたら、体調はさらに悪化します。

 

エネルギーは上がったり下がったりのサイクルがある

だから、下がるのが × ではない

下がる時があるからまた上がる時がやってくる

エネルギーが下がることを受け入れられないと低迷が長引くのかなと思います。

 

ここはちょっと立ち止まって、自分との対話

「どうしたの?」

「今、何が起きているの?」

「そうか、今、エネルギーが下がっているんだね。」

 

「さて、どうする?」

「どうしたらいいと思う?」

 

エネルギーが欠乏状態なら

「寝る」、「食べる」、「休息をとる」

「遊ぶ」ことにもエネルギーはかなり使われていると感じるから

 

エネルギーが滞っているなら

「話す」、「運動をする」、「散歩」など

 

自分と対話の結果

このブログを書いたら土・日は仕事は休憩

家のことや家事もペースを落として

だらだらすると決めてだらだらします!!(笑)

 

毎週末続けているジムでの30分のランニング

行くとしんどいけれど、逆にすっきりする

滞っていたものが再び流れ出す感覚があるから

けれど、それも今週は断念

う~ん、これに関しては断念する方が逆に意志が必要だ

 

エネルギーが下がっている今の自分を受け入れることができると

これからは上がっていく見通しも確信できる

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

協力してあげたいと思った時・・・

 

プライベートである人のために力になりたいと思っていました。

でも連絡がこない

強力する気は満々なのに

その時、ハタと気づきました

 

私、満々なんだ・・・・・

日常の中で誰かを助けたい、何とか協力したいと思うことはよくあります。

けれど、強い感情を伴う時、「ちょっと待った!!」

 

それは、「誰かのために~」もあるのですが

「自分のために~」の裏側の視点もあるからです。

 

例えば

・協力することで相手の喜ぶ顔をみたい(苦しむ顔をみたくない)

・助けることで、自分の存在価値、自己達成感、優越感を感じたい

・困っている人は助ける「べき」「べし」「ねばならない」

他にもあるかもしれません

 

強い感情がない時・・・ただ助ける

相手のためだし、自分のためというのも確かにある

その両方があるなと受け止められている

 

その時に純粋にただ相手のためになっている

そのようなことを考え自分をふり返った直後 ☆彡

 

待っていた連絡がありました!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。