解決志向でマネジメント

 

浜田でセミナーを開催しました

「人」や「チーム」を上手に動かす

~コーチングの解決志向でマネジメント~

 

管理職やリーダーの方が相談を受けた時の指導に

仕事や業務におけるスタッフ支援に

振り返り面接時に

ミーティングやカンファレンス時にも活かせます

 

そして・・・

 

誰かのために・・・もありますが

ご自分が持ち味を発揮して仕事を進めていくうえでも大切

 

参加者の方から挙手があり、ご自分の職場の状況についてお話しいただく場面も

急きょ、デモコーチングをしながらスライドの内容と結びつけて解説

再び続きのコーチングをして、スライドで解説・・・

私はあまりしゃべらなくても、

質問をすると相手はどんどん話され、気づかれますね

解説だけでお伝えするよりも一段理解が深まりました。

 

皆さんと一緒にその場をつくる

研修はライブだとよく感じます。

皆さんのご協力に今日も感謝 <(_ _)>

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ちょっとした告白

あなたが今一番かけて欲しい言葉は何ですか?

かけてもらえると元気が出る言葉

やる気が出る言葉

またがんばろう!と励みになる言葉は何ですか?

 

私は・・・

「大変な中、よく頑張っていますね。」

「大澤さんが手伝ってくれてはかどりました。ありがとう。」

「いろいろあるけど全てが必要なこと。大澤さん、順調ですよ。」

恥ずかしいものですね。(*^-^*) ちょっとした告白。

 

結果だけでなく、プロセスを認められることはやっぱりうれしい

「大変」だということや「頑張っている」ことをわかってもらえれば

たとえ、忙しさや状況は変えられなくても、また頑張れる気持ちになります。

感謝されることも私のツボですね。

また、俯瞰していて「順調」とはっきり言ってもらえると、安心感を感じます。

 

 

研修の中で皆さんにもいろいろ聞かせていただきました。

まずは自分自身へのメッセージを知ることも大切

そして、お互いに知ることも

日々の仕事でお互いに伝え合っていたら・・・どうなっているのでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

そして・・・

今年1年お付き合いいただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

 

浜田でリーダー・管理職向けセミナーを行いました

浜田で介護のリーダー・主任・管理職の方へ向けたセミナーを開催しました。

 

~部下やメンバーのやる気を引き出すための講習会~

午前中は「聴くチカラ・伝えるチカラ」

午後は「コーチングで振り返り面接」

コーチングについての理解を深め、質問の力を体験

最後はコーチングを流れで進める振り返り面接の練習をしました。

 

コーチングが必要なのはわかる

人を育てるためにはコーチングが効果的なのもわかる

現場で忙しい中でどのようにコーチングを取り入れていくか悩ましい所ですよね

 

研修の中でお伝えしたのは・・・

いつもでなくて良いのです

「ティーチングもまた同じく大切

10回のティーチングに1回のコーチングでも良い

1ケ月に1回意識して関わるのでも良い

1年の中で時期を決めてコーチングを意識した面接するのもOK」

 

そして、もう一つは・・・

必ずその時に答えがみつからなくても良いのです

(もちろん、すぐに答えを必要としている場合もありますが)

「質問を受けると人はどうなるのか」を皆さんに体験していただきました。

質問の効果を知っていれば

必ずしもその時に答えがみつからなくても良いというのがわかるでしょう

「みつかったらまた聞かせてね」

そのように伝えて楽しみに待ってみるというのはどうでしょうか?

 

研修中、私から皆さんに質問

Q1:あなたはこれからどんなリーダー・管理職になっていきたいですか?

・・・・・・・・

Q2:そのあなたになっていたとしたら・・・どんなことを実現したいですか?

・・・・・・・・

あなたの中にはどのような答えがありますか?

みつかったら、教えてくださいね。!(^^)!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

「和」なコミュニケーション研修

畳の部屋で研修初体験!!

事前に打ち合わせに伺った際に、和室とフロアを見せていただき

和室に決定しました!

 

研修当日・・・

座布団に皆で座ってみると何だか楽しそう

膝と膝を突き合わせて何だかほっこり

 

研修が始まると私は途中から膝立ちしたり

ワークでは立ち上がり、また座り・・・

いつもとは違うこの雰囲気も病みつきになりそう

 

今日の皆さんもうなずいたり合いの手を入れて下さったり

たくさんサポートをいただきありがとうございました。

 

こちらの施設では、「言語と非言語を一致させよう!」という取り組みを

今年度実施されています。

 

言語は非言語以上に相手に伝わるもの

言語と非言語を一致させるためには想いも必要

取り組まれるプロセスの中で、自分達の想いを確認したり

在り方を磨いていらっしゃるように感じて

話をお聴きして心があったかくなりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

「ライブ」なコミュニケーション研修

施設で研修をさせていただきました。

今回の研修先では約3ケ月に渡って段階を追って進めさせていただきます。

 

ステップ1:一般職員の方向け「職場に活かすコミュニケーション」1時間30分

ステップ2:管理職の方向け「メンバーのやる気を引き出すコーチング」3時間

ステップ3:施設長さんとの面談

 

今回はステップ1で「職場に活かすコミュニケーション」

部屋の形と機材の具合で、急きょ会場設定を開始直前に変更!!

前にスライド、後ろにホワイトボード

受講生の皆さんは、中に立つ私を囲むように左右に・・・

 

私は前に行ったり後ろに行ったり部屋全体を使って進行

ぐるりといろいろな角度にいらっしゃる皆さんとアイコンタクトしながら

デモやワーク、お話をさせていただきました。

まるで円形のライブのよう(笑)

 

ちゃんと皆さん、私を目で追ってくださり、

うなずいたり、笑ったり、ワークで話したり

楽しかったです。

 

来週は別な施設での研修がありますが、畳の会場となります。

ほっこりしそう

 

いろいろな施設があり

いろいろな会場設定もあり

そこにはいろいろな職員の方がいて

どの施設もすばらしい。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

4つのタイプ分けを活用:個々のスタッフに合わせたアプローチ

介護労働安定センターさんのお世話になり

出雲市内で、リーダー・管理職向け1日セミナーを開催しました。

 

「4つのタイプ分けを活用、個々のスタッフに合わせたアプローチ」

 

午前中は、自分のタイプ診断したうえで、4つのタイプについて学びます。

午後は、グループワークと解説

・効果的なほめ方

・効果的な叱り方

・効果的な仕事の依頼の仕方

そして、実際にロールプレイングで練習をしました。

 

グループワークにも、それぞれのタイプのカラーが満載

発表時も、「そうかもね~」とか「へぇ~」などの驚きや笑い

私自身、とても楽しく進行させていただきました。

 

今日はアイスブレイクから立って部屋の中を移動したり

ワーク上、席変えが2回

頭も手も足もフルに使っての研修となりました。

皆さん、ご協力いただきありがとうございました!!

 

尚、質問をいただきましたのでこの場で掲載させていただきます。

Q)各タイプのバランスがとれている職場の方が良いですか?

大澤の個人的な見解ですが

A)バランスが取れている方が良いとも言えるし、そうとも限らない

 バランスがとれていることでお互いの個性が活かせる可能性は広がります。

 しかし、違いがあれば衝突もおきる可能性も・・・

 

 職種によって特定のタイプが多いという場合もあります。

 そういう職業は持ち味を発揮していることになりますし、少ないタイプの方は

 ちょうど良い刺激剤になったり潤滑剤になったりされているかもしれません。

 

 大切なのは、「バランスがとれている」vs「とれていない」というより

 「自分を理解し、効果的に力を発揮しようとしていること」であったり

 「他者との違いをお互いに理解し合って共働しているか」

 そんなふうに私は思います。

 

私自身も今回研修をさせていただいたことで

自分のタイプの強みを改めて確認したと同時に

自分のタイプの弱みから無意識的にとっていた行動に気づくことがありました。

 

性格はそう簡単に変わらなくても

自分の傾向を知ることで、意識すれば行動は変えられます。

ちょっとずつでいい、一緒にやっていきましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

介護施設でのコミュニケーション研修

ここのところ、3週連続で介護施設での研修が入っていました。

皆さんが、パワフルに楽しそうにロールプレイングをやってくださるのに

いつも助けられています。

 

看護協会や病院、医療の現場での研修

また、介護部門でも地域で開催される管理職やリーダー研修は

1日研修や半日研修で夕方までに終了するという形でさせていただくのですが

 

個々の介護施設内での研修の場合

夕方17:30スタート! とか 18:30スタート!

研修時間は1時間半を1回 又は 2回シリーズで学びます。

 

経験させていただいて改めて感じるのは・・・

どちらが良い悪いはないのだということ

施設や受講者の方にとって一番ベストな学び方や内容がそこにはあるからです。

価値判断をすることなく相手(受講生や施設)を理解し受け入れて

その中で自分にできるベストを尽くしていきます。

 

1時間半の研修を作っていくのもまた難しい

あれもやりたい、これも伝えたいという私のエゴを断ち切らねばなりません。

そうして絞り込んだものをわかりやすくお伝えするには

どうしたら良いのでしょうか・・・?

きっとそれが今の私の宿題なのですね。

 

1日研修も半日研修も1時間半の研修も、どれも違って等しく尊い

まずは違いを受け入れ、味わい、楽しみながらやっていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

目標設定面接

島根県内で介護の管理職・リーダーの方へ研修をさせていただきました。

「部下やメンバーが達成したくなる目標設定面接」

 

今日研修をさせていただいていてうれしかったのは・・・

目標設定について学び、最後に目標設定面接の練習をしたのですが

面接を受ける側の人もする側の人もとても良い表情だったのです!!

その皆さんを見ていてうれしくなりました。

 

目標設定面接ってこんなに良い表情になるのだということを改めて感じたこと

そして、この皆さんが今度は施設で、部署で

たくさんの笑顔を作っていかれるのだなと思います。

 

今日も質問をいただき

皆さんが自分のことととして一緒に考える素敵な場面もありました。

皆さんの力で場が出来上がっていくのだなと思います。

 

雪がまだ残っていて足元が悪い中、お越しいただきありがとうございました。

43ded0734cbe62a143c0d40b0f002914_s

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

介護のリーダー・管理職の方への研修

島根県内で、介護のリーダー・管理職の方へ研修をさせていただきました。

「部下やメンバーのやる気を引き出すコーチング」

 

研修前は静かに座っていらっしゃった皆さん

中には、「このような研修は初めてで・・・」と

不安な気持ちを打ち明けてくださった方もいらっしゃいました。

 

でも、大丈夫

研修が始まると、ワークでよく話される皆さんに私の方が驚かされました。

笑顔になったりうなずきながら聞いてくださったり

皆さんのそのような反応にいつも勇気をいただいています。

 

コーチングを学んで力を発揮していくには

「スキル」と「あり方」のどちらもが重要

スキルのテクニックだけでは相手に響かない

同じ気持ちがあってもテクニックがないと効果的に伝わりません。

 

その両方があって

リーダー・管理職として力を発揮できる人になっていけるのだな~

これまでも理解していたつもりでしたが

さらに一段深く腑に落ちました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

自らが主体的に取り組む目標設定 in松江

前日の浜田と場所を変えて連続での研修

松江会場で「自らが主体的に取り組む目標設定」

同じテーマでも受講生の方が変われば研修の雰囲気も変わりますね。

毎回毎回がとても新鮮

 

ロールプレイングで相手の人と会話していただいたり

体感していただくワークあり

1人で考えていただいたり

グループで話していただいたり

5つのステップで目標設定に向かったり

いろいろなことをやりました。

 

皆さんよく一緒についてきてくださいました。

今日も全員でゴール!!

既に皆さんは目標を達成する力をもった皆さんなのです。

 

≪受講生様の声≫ (了解の得られている方の中から一部を紹介します)

●とてもわかりやすく、目標が立てやすくなりました。昨年までも期限を作っていたが、そのチェックということをしていなかった為、チェックにも力を入れていきたいと思います。

●自分で目標を考えても、こんなのじゃダメだ、これもダメだ・・・と決めれず、かといって高い目標設定にしても出来ないまま年度末になることが予想出来、困っていました。でも、ペアワークでしがらみなく、自由な発想で言葉にし、自由に思うことで自然に目標も決まり良かったです。気持が楽になりました。3年目にしては低い目標かもしれませんが、私にとってはこれが年間通して出来れば達成感がもてると思います。

●「自らが主体的に取り組む目標設定」先生の熱い話を聞きながら、人事考課に対する苦手意識がなくなりました。先生の表情や口調、話し方など拝見していると、ホッコリしてしまいました。

●1年後、10年後、なりたい自分になれるように、1年1年目標を達成してがんばっていこうと前向きな気持ちになれました。やさしいゆっくりな語り口調でわかりやすかったです。ありがとうございました。

●自身の理想像を思い、イメージしたら目標設定が意外とすんなりできました。やはり「理想あっての現実」を改めて思いました。先生の型にはまらないアドバイスが安心できて取り組みやすかったです。

●目標設定が課題でしたが、ステップをふんで考えることで、より具体的に見えてくることがわかりました。

●具体的な進め方などくわしい方法を学ぶ事も勉強になりましたが、多数の人で同じ事を考えても様々な視点での考え方があると勉強になりました。

●目標の設定やスケジュールをたてることが苦手でしたが、目標の作り方など段階をふみながら目標(ゴール)に向かって進行してくださり、最後まで完成することができました。自信がつくことができました。

●今回の研修の前に、人事考課の設定で特に達成方法やスケジュールについて苦手で、今回の人事考課をどうしようか考えていました。今回の研修の中で、将来のビジョンを持つこと、その中で達成するには?など、ワークで書き出していく中で、すんなり考えていくことができたこと、そこで方法を考え出す方法を学ぶことができてよかったです。

皆さん、アンケートにたくさんの書き込みをありがとうございました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。