1to1コーチング

仕事もプライベートも両方充実!!を目指した個人サポート

「大澤さん、大丈夫?」と声をかけられていた私から
「大澤さん、元気だね。」と声をかけられるまでに

– 副看護師長時代の私 –

多くの仕事を抱え込む

多くの仕事を抱え込む

私が副師長になったのは2002年でした。
チームリーダーや教育委員を経て副師長になった私ですが、副師長になってから急に毎日が速く回り始めました。
業務をこなした上に、病棟内の副師長としての仕事や係の仕事、病院内の委員の仕事など・・・仕事が後から後からふってきて、処理しきれずにたくさん抱えこんでいました。
その頃の私は、あっぷあっぷして溺れそうで、もがいていた・・・そんな表現がぴったりの私だったのです。

苦手意識の壁

苦手意識の壁

もともとコミュニケーションに対して苦手意識があり、上手に話せない自分をかえたいと思っていました。
部下の中には自分より先輩にあたる人もたくさんいました。そのような中で私は、どうしたらスタッフとうまくやっていけるのか、どうしたらスタッフのやる気を引き出せるのかわかりませんでした。

プレッシャー

自分に自信もなく、副看護師長のプレッシャーで自分らしさを見失っていました。

 

私が変わるキッカケとなった「コーチング」

苦手意識の壁

そんな状況を変えたいと思っていた時に、出会ったのがコーチングです。
コーチングに出会い、とても前向きになれる自分がありました。
これからどうしていくか・・・前に向かっていく会話がとても心地よく、視点を変えてくれました。
それ以後ずっとコーチングを学び続けると同時に、コーチである自分にもコーチをつけ、コーチングを受け続けています。

実際にどう変わっていったかというと…

  • 仕事の優先順位や具体的に何をどのようにやっていくか、行動が明確になりました。
    行動できることで処理が早くなり、早く手放せるようになりました。
  • 学んだコーチングを使い続け、自分から周りのスタッフへアプローチしようとするようになりました。
    そうすることで、他のスタッフからもプラスのフィードバックをたくさんもらうようになりました。
    自分自身が人間関係によるストレスが少なくなりました。
  • コミュニケーションは苦手だと思っていましたが、それよりも、もともとは人が好き、コミュニケーションをとることが好きだという自分自身に気付きました。
  • その日1日を無事に終えることで精一杯だった私が将来の目標や夢を描くようになりました。
  • 思うようにいかなかったとしても、気持ちの切り替えが早くできるようになり、毎日が忙しいのには変わりない中で、前向きにパワフルに日々を送るようになりました。

など・・・いくつもの変化がありました。
現在はプロコーチとして、
このようなコーチングをもっと多くの方に活かしていただきたいと思い、活動をしています。

1to1コーチングセッションでは、お1人お1人の仕事やプライベートでの目標達成や課題解決に向けてサポートをいたします。いろいろな視点で質問をし、達成イメージを明確にし、現状を整理します。あなたの中にある考えを引き出し、優先順位を決め、何をどのようにしていくのか行動を明確にしていきます。

「今よりよくしたい、よくなりたい、変えていきたい。」
…と本気で思う方にコーチングは機能します。

大澤から1to1コーチングを受けた方の声

コーチとしての専門職に一貫しているということがあります

介護施設勤務 所長と課長を兼務
T・Kさん(男性)

Q T・Kさんにコーチングさせていただくようになってまる7年が経ち、8年目に突入しました。振り返っていかがですか?
「あ~もうそんなになりますか?そんなに長くやっていたのですね。言われて気づきました。」
Q どんな変化がありましたか?
「7年前は悶々としていた時代がありました。仕事と家の行ったり来たりで。」
Q 悶々としていたというのは?
「その当時は、仕事で係長になったばかりの時だったと思います。仕事もわからないし、何をしていいのかもわからない。残業して帰ってごはん食べて寝るだけの日々で、家に帰れば(家族の)介護もあり、心配しながら毎日過ごしていました。コーチングによって、少しでも前に行こう!という気持ちに自分がなっていったのではないかと思います。」
Q その間にはT・Kさんご自身もコーチングを学ばれてコーチとしてかかわられるようになったり、今は係長から所長へとなられ、環境や状況もいろいろ変わりましたね。「悶々」は、今はいかがですか?
「全く起きないというのではないですが、先が見えない悶々ではなくて、例えば・・・今問題がある、もやもやするのだけど、じゃ、これどうやって解決しようかな~?何かやっていけば何か変わるさ・・・のように考え方が変わりました。質が変わったように思います。」
Q 大澤のコーチングについての印象や続けて下さっている理由を教えていただけますか?
「コーチとしての専門職に一貫しているということがあります。やるのは私自身だけど、質問によって行動につなげてもらっているな~と感じます。大澤さんがされるような質問は、まず、普段の会話ではないですよね。専門的な・・・なんかね・・・頭の後ろからドーンとつつかれるようなね・・・普段の会話ではできない刺激がある、そんなイメージです。」
Q そんなにつついていますかね~(笑)
あとは、ユーモアが時々あったり、フィードバックがバーッと起こったり、こちらも勉強になります。7年という期間は人を変えるのに良い時間だったのではないかと思います。続けてきて、生活の中でいろんなことが身についているなと思います。コーチングが生活スタイルになってきている、そう思います。コーチングの中の会話が自分の中でも出てくるようになり、コーチングをやっていなかったらこんな考え方にはなっていなかったから、やっていて良かったなと思います。
Q ありがとうございます。とてもうれしいです。
最後に、大澤のコーチングはどんな方が受けられると良いと思いますか?
「そうですね・・・殻を破りたがっている方。壁を破りたい人。行き詰まってどうしていいかわからない人、一歩が踏み出せない方、そんな方に勧めたいです。私自身がそうでしたからね。」

自分の思いを再確認できる場所、相談できる場所になっています。

病院勤務 看護師長
R・Hさん(女性)

Q R・Hさんと最初に出会ったのはH20年の5月でした。振り返っていかがですか?
(コーチングの)自分の中に答えがあるということが、「あ~そうか」とわかりました。
どつぼにはまっている時は、一人ではなかなかふんばれなかったり、頭がもちあがってこないのを・・・
例えば「こうしたい」とか、「こっちよりこっちの方がいいのかな?」ということは、最初から思っていたかもしれないけれどはっきりわからなかったことで、それをセッションの中で話をしている間に「やっぱりこっちでいい」と思えました。そんな後押しをしてもらっていたように思います。また、自分が今やっていることを「それやってみたらいい」と言ってもらえたり、部署でいろいろなトラブルがあった時も「それは成長する時なんですよ」とコーチから言ってもらえると、またがんばれる気持ちになりました。
Q 最初頃は副師長になりたての頃でしたよね。あの時、迷わず1to1コーチングを決めた印象を受けました。
そうですね。転勤して副師長に就任したので、まわりの人もわからないし、訳も分からなかったですし、もといた部署は副師長がいなかったので副師長とはなんぞや?と意味もわかっていなかったので、話をさせてもらった方が良いとすぐ決めました。
Q 今は師長になられて、病院も変わられましたね。R・Hさんにとってコーチングの変化はありましたか?
後押しをしてもらっていることや気持ちの底辺の部分は今も同じです。「3つぐらいの道のどれを行きたいのか、一人で考えている時は「らち」があかないし、いろいろなことが頭の中に入り込み過ぎていて、考えがまとまりません。そこをセッションで「こことここにポイントがあるのですね。」と言ってもらうことではっきりわかる。自分の頭の中ではうまく整理がつかずにとりとめなく話している中で、「こういうことが今の中では言いたいのですね。」と確認してもらえることで、「そこなんだよな~。」とわかる。そういうように、自分の思いを再確認できる場所、相談できる場所になっています。それは副師長の時より今の方がより大きいように思います。
Q 大澤の印象は?
ざっくばらんに「言ってもいい?」と確認とって感じたことを言ってくれるというのをいつもしてもらっているので、それがすごくありがたいしうれしいです。前回のセッションで「それは、あなたでないとできないから今の部署に配置されているんですよ。」と言われた時に、すごく私うれしくて、実は、半分涙が出ていました。そういう言葉を言ってもらえると、がんばろうと自分を励ましてもちあげて進んでいけます。それを月に2回のセッションですごくしてもらっています。気持ちをわかってもらえるし、わかろうとしてもらえています。
あとは、もともとコーチ自身が看護師で医療現場にいた経験があるという中での私への言葉だから「そうだよね。」と思えるし、気持ちを大事にしてもらえる時間だと思います。
Q ありがとうございます。今の言葉を聴いて私もがんばれます。
私のコーチングはどんな方におすすめでしょうか?
看護師ももちろんおすすめですが、小学校の先生とか中学校の・・・例えば保健室の先生におすすめです。
どうしたらこの子達が元気になるのかな~と考えたり、そういう子を目の当たりにする人達で、自分もどうやって動けばいいのかな~?とセッションの中でみつけることができるのではないかと思います。
Q 新たな視点をいただきありがとうございました。最後に、「これ言っておきたい」ということはありますか?
「続けていくことで変われたり、いろいろなことが継続できたりがあるので、まだまだやっていきたいなという気持ちでいます。」

モチベーションも上がりやる気に満ち溢れた状態で1日を始める事ができます!

社会福祉法人 松美会 アイユウの苑 グループホーム
山口県 主任ケアワーカー江藤 文彦 様

江藤 文彦 様 近影

大澤コーチのクライアントになって約1年半になります。

この約1年半の間に2つの資格を取得できました。クライアントになってからの資格試験合格率が100%です。

資格のひとつは4度目の挑戦でしたが、見事合格!この試験の約1ヶ月前からクライアントになったのですが、それから試験当日までの約1ヶ月間、自発的な勉強量が激増していました。

まだまだ出来る事があるのに、気付いていない自分に気付かせていただきました。セッションでは気付きから次の行動計画を自分で決めることを助けていただきましたので、実際に行動に移ることが早く、資格取得という目標達成に繋がりました。

もう一つの資格はコーチの資格。
思い返してみてもハードな試験でしたが、セッションの中で様々な視点からコーチやクライアントとしての視点を振り返る事ができ、その結果が合格につながりました。
資格取得以外にも仕事からプライベートまで、多岐にわたって力を貸していただいています。

大澤コーチは継続して勉強を続けていらっしゃいますので、セッションがマンネリ化しません。
後で知りましたが、2010年にNLPの勉強をされていらっしゃいますが、その頃からのセッションが特に居心地がいいんです。
セッションの後はすっきりしていますし、モチベーションも上がりやる気に満ち溢れた状態で1日を始める事ができます!

『まだまだ出来る事があって、もっともっと挑戦していきたい』と考えることが普通になっている自分がいるのは、大澤コーチとの出会いが大きく影響しています。

この他の声をご覧になりたい方はこちら

コーチングとは?

双方向のコミュニケーションを通して、その人が「なりたい自分」、「なりたい状態」を手に入れるためのサポートをすることです。

コーチとは?

Coachという言葉は「馬車」に語源があると言われています。「大切な人をその人が望む目的地まで送り届ける」という意味があるように、相手の人が望む目的地に到達するサポート(目標達成や課題解決のサポート)をする人のことです。

コーチングの中で大切にしている考え方

「その人の答えはその人の中にある」
例えば、人によって行きたい目的地も違えば、必要な準備、手段、どのようなルートやスピードで行きたいのかもそれぞれです。このように、コーチはあなたの中にある答えに耳を傾け関わっていきます。

「気づきを引き出す」
人は、他者から指示・命令されるより、自分で本当にそうだと気づいたことの方が圧倒的に行動に結びつきやすくなります。質問やフィードバックなどによりあなたから気づきを引き出すアプローチをします。

「主体的な行動を促進する」
必要な支援や資源を明確にしたり、作戦を一緒に練ったり、最初の一歩を明確にしたり、不安を取り除くサポートをするなどして主体的な行動を支援します。

コーチがあなたに代わって問題解決することはできません。
あなたが自ら目標達成、課題解決をしていくのをサポートするのがコーチでありコーチングです。

1to1コーチングの中で行うことは?
  • ビジョンやゴールを明確にする
  • 現状を整理する
  • 視点を変える、視野を広げる
  • 気がかりを解消する
  • 行動プランを一緒に練る
  • リソース(使える資源)をみつける
    物・時間・協力者・経験・参考にできるもの など
  • 最初の一歩を明確にする

このプロセスの中で、コーチはクライアントの話をじっくり聴き、承認し、フィードバックし質問する等のアプローチをし、あなたが「本当になりたい自分」「本当に得たい状態」「本当に進みたい進み方」をひき出します。

1to1コーチングのメリット

コーチングを受けることで次のような効果を得られます。

  1. 決まったペースでコーチングを受けることでモチベーションが維持できる。
  2. 目指すゴールのイメージが明確になる。
  3. コーチの質問によって何をどのようにするか、行動が明確になったり優先順位が明確になるので、行動しやすくなる。
  4. 期限を決めたり、それをコーチに話すことで、より行動に結びつきやすくなる。
  5. 強みや成果についての会話をしたりコーチから認めてもらうことで、楽しみながら目標に向かうことができる。一緒に成果を喜べる。
  6. コーチに話すことで頭の中が整理される。
  7. フィードバックを受けることで、新たな気づきが生まれる
    (自分の意外な一面・本音・客観的な事実など)
  8. 話すことで、頭と心がスッキリする。
  9. コーチングを受けることで、自分自身が周りの人とコミュニケーションをとる時の学びになる。
  10. 電話又はSkypeでのコーチングは時間と場所の確保がしやすい。
セッション時間の例
  • 6時
  • 9時~15時
  • 20時
  • 21時

※土日祝日以外でご予約を受けつけています。

1to1コーチングがスタートするまでの流れ

01 お申し込み

単発セッションをお申し込みください

申込フォームに必要事項を入力し、お申し込み下さい。
こちらからご連絡させていただきます。

日程調整後、コーチング代を指定口座にご入金ください。
※振込み手数料はご負担ください。

体験コーチング(単発セッション)
お申し込みはこちらから

02 体験コーチング(単発セッション)

約束の日時にコーチングを実施します。

約束の日時にコーチングを実施します。
※原則的にスカイプ又は電話で行います。(電話代はご負担ください。)
※時間は60分です。

単発セッションのみの活用も可能です。
継続的にコーチングを受けてみようと思われた方は継続セッションをご活用下さい。
オリエンテーションで使用するご案内書と事前にご記入いただく
書類をお送りいたします。

03 継続セッションご契約

 

04 オリエンテーション

約束の日時にコーチングを実施します。

コーチとクライアントがテーマや目的、方向性等について話し合い、それをお互いに共有し同じ方向を目指していくことで、最大の効果が得られます。
オリエンテーションでは、こちらからコーチングを効果的に進めていくためのご説明をしたり、お客様からお話しを伺った上で、テーマや方向性、ペース等について相談し決定いたします。

コーチングを進める上で気がかりやご不明な点がありましたら、遠慮なくお伝えください。

05 継続セッションスタート

約束の日時にコーチングを実施します。

お約束した日時に、お客様の方から電話又はSkypeでかけていただきます。
何でも感じたり思ったりしたことを気楽にお話しください。

守秘義務について
契約期間中も契約終了後も、コーチングの中で話した内容を、クライアントの許可なく他言することはありません。安心してお話しください。

料金

単発セッション
1回60分
10000円(税込10800円)

  • コーチングが初めてで体験してみたい方
  • 相談したいことができた時に適宜単発でコーチングを受けたい方

継続セッション
1回60分10000円(税込10800円)
月1~2回ペースで全12回

  • 定期的にコーチングを受け、モチベーションを維持しながら目標達成・課題解決していきたい方
  • 全12回終了後もご希望のペースで継続が可能です。
12回分を一括で前納される方は129,600円 → 116,640円(10%OFF)となりお得です。
毎回の振り込み手数料や手間が省けます。
別なペースで続けたいというご希望がある方はご相談ください。

体験コーチング(単発セッション)
お申し込みはこちらから

最後に…  医療・介護の現場で働くあなたを応援します!


27年間看護師をしてきて、病院や介護現場で働く皆さんが、
いかに大変な中でがんばっていらっしゃるかをよく知っています。

皆さんが自分の強みを活かして、少しでも自分らしく・・・
本来もっているご自分の力を発揮して
生き生きとした生活を送っていかれることを願っています。

 

1人で進むより2人で進む方が・・・
心強い!
楽しい!
効果的!

ご自分の人生をより豊かなものにするために一緒に進みませんか?